事前に確認しておきたいこと

資料を読む人

名古屋に住んでいる人が、借金をしたけどもお金を返済できないことがあります。例えば、お金を借りだけども途中で会社をリストラされてしまい返済のめどが立たない場合です。あるいは、突然病気になり働けなくなることもあります。傷病手当金などをもらうこともできますが、生活できるかどうかの金額ぐらいしかもらうことができないため、それで借金返済をするのは難しいでしょう。このような場合には、債務整理をすることにより問題をより円滑にそして平穏に解決することが可能になります。債務整理を自分で行うこともできますが、弁護士に依頼するのが一般的でしょう。準備としては、それぞれの法律事務所にはどのような実績があるかなどを見ておきましょう。

料金はどれぐらいになるかを確認

男性弁護士

これから名古屋で債務整理をする場合にも、法律事務所を利用するならば当然お金を支払わなければいけません。一体どれぐらい支払う必要があるかが、法律事務所によって若干異なります。ただ、どのようなところでもたいていは相談が無料になっています。一般的に、30分無料になることがほとんどです。それ以降に契約をするならば、着手金や成功報酬などを支払っていくことが重要になります。結果的に、借金返済の枠が大幅に減れば弁護士を使うメリットが高いといえるでしょう。

どれぐらいの借金が必要か

お金

名古屋で債務整理をするならば、借金の金額が少なければあまり意味がありません。もちろん自分で行う場合には別ですが、弁護士に債務整理をしてもらう場合にはある程度金額が大きい方がよいでしょう。そうしなければ、着手金や成功報酬を支払うことでそうしてしまう可能性があるからです。一般的には、借金が300万円から400万円になり返済をすることが難しいと感じた場合に弁護士を雇うことになります。これにより、問題は円滑に解決できますが、事前にどれぐらいの金額になるか見積もりをもらっておくことが大事になります。この時、少し遠く離れている事務所に依頼する場合には、電車賃などの費用を請求される可能性があります。

司法書士と弁護士の違い

書類を書く

債務整理を名古屋で行う場合にも、調べてみると法律事務所以外にも問題を解決してくれるところはあります。それは司法書士事務所です。一見どちらでも変わらなそうな気がしますが、一つ大きな違いがあります。それは、権限による違いです。債務整理の場合は、弁護士が基本的に本人の代理人として活躍することになりますので弁護士の方の権限はある程度広いといえます。しかしながら、司法書士の場合は請求額が140万円と決まっているためあまり大きな金額の時には司法書よも弁護士を利用した方がよいです。ただ、司法書士にもそれなりのメリットがあり、問題解決まで時間が短縮されることです。いずれを選んだら得なのかをよく比べてことが必要です。

ひとりで悩まないで!名古屋で債務整理に強い弁護士事務所早めに専門家に相談しましょう!