HOME>オススメ情報>借金の減額や免除が可能になる債務の整理方法

借金返済が滞ってしまった時の対策に

資料を読む人

クレジットカードの利用やローンを活用することが多くなったことから、いつの間にか借金が増えて返済が出来なくなってしまったと言う人がみられるようになっています。現金が手元になくとも、その先に収入の見込みがあると言うだけで、クレジットカードやローンを利用するのですが、その充てが狂ってしまった時、このような非常事態に陥ってしまうのでしょう。そんな時の対策に債務整理の方法があります。しかし名古屋で債務整理を行うことで、自分自身へのデメリットも多く生じることを知っておくべきです。勧められるままに自己破産などの債務整理を行ったことから、窮屈な生活を送ることにもなりかねませんので、注意が必要です。

任意整理と言う方法

説明する人

名古屋で行う債務整理とは、抱えて来た借金を減額させたり、支払いに猶予をもらえることで借金で生活が出来なくなることを防ぐものです。また最大の方法には、借金をゼロにすると言った究極の方法もありますが、自分自身に襲い掛かるデメリットは大きくなると知っておきましょう。債務整理で多く取られる方法が、任意整理です。借金の額を少なくしてもらうもので、金利の引き直しなどの交渉が持たれることが多く、交渉後には毎月の返済額が少なくなるものです。生活に支障が起きない範囲で行わることになることで、最大のメリットとなります。

個人再生と自己破産と言う方法

男性弁護士

名古屋で行う債務整理の二つ目には個人再生と言うものがあり、借金の額では返済が出来ないことを裁判所で認めてもらうものです。裁判によって減額された借金を、3年から5年で返済すると言うパターンが一般的に組まれることになります。借金の額が500万円以下だった人は、最大で10分の1まで減額されることもあり、更には住宅も残すことが可能と言うメリットも生まれることになります。そして最後の残るのが自己破産と言う方法で、支払い能力がないことを裁判所で認めてもらい、抱えて来た借金全額の支払い義務が免除されるものです。その代わり住宅やマイカー、高価な宝石などは手放すことになってしまいます。